震度のことや乱れ震域などを勉強していました

地震について授業をしました。地震動の強さの水準を震度といいます。震度は気象庁に因ると0〜7の10型式に分けられている。地殻で起きる震源の浅い地震のタイミング、震度の等しい地区はこのように震央を中心におよそ同心円状に分布するのがふつうだ。しかし震源の濃い地震の場合には、震央から遠く離れた地区が震央に間近いパーツよりも著しくゆれることがあります。そういった地区を狂乱震域といいます。地中の岩盤はつねに力を受けていて、少しずつひずみが増しています。ひずみが限界に達すると、岩盤の情けない面が急激に逸れ動いて(断層が活動して)地震が発生し、ひずみが解放されます。その活気は地震波となって周囲に伝わっていきます。地震を起こした岩盤の溝が大キャパシティなほど大きな活気を有する大地震になります。しかし、自然界では大きな地震の出現は無名であり、ちっちゃな地震はたくさん起こっています。久しぶりに地震について学べて良かったです。アリシアクリニック 顔脱毛